玄関が靴であふれてる人はぜひ参考に!造作家具の下足入れの事例 | 愛知県、稲沢市にある造作家具・建具製作「株式会社ヒロ木工」

お問合せ・ご相談はこちら

0567-97-3085

メールでお問い合わせ

 

新着情報News

玄関が靴であふれてる人はぜひ参考に!造作家具の下足入れの事例

「玄関をおしゃれにしたいな。」
「下足入れに靴がもう入らない。」
靴には様々な種類やデザインがあるので、ついたくさん買ってしまいますよね。
しかし、玄関は来客を迎え入れる場所ですからスッキリときれいにしたいですよね。
そこで今回は、造作家具による下足入れの事例をご紹介します。

 

□下足入れの事例

・収納量重視

この事例は、天井まである収納力抜群の下足入れです。
高さのある収納なので扉に姿見を設置することもできます。
外出寸前で身だしなみを最終確認できるのはとても便利ではないでしょうか。
中の棚を調整することで傘も収納できるようになっています。
さらに、奥行きがある造作家具にすると靴だけでなく、ゴルフバッグなども収納可能です。
そのため、外出のときによく使う物や掃除道具、ガーデニングの道具を家の奥に収納し、逐一運び出す手間がなくなるでしょう。
靴や外で使う物が多い方におすすめです。

・雰囲気重視

こちらでは、家の雰囲気に沿ったデザインをメインとした事例になります。
玄関は来客が最初に通る場所なので、家の雰囲気と合わせたほうが良いでしょう。
例えば、和風の家の玄関には下足入れの素材としてけやきを使用するといった感じです。
他にも暗い木目の素材を使うことでモダンな玄関にも仕上げられます。
家のインテリアにテーマを持っている方には、特におすすめかもしれません。

・ベンチ型

この事例では、玄関収納を低めの造作家具にすることでベンチにします。
突然ですが、皆さんは玄関で何をしますか?
靴を履く、または脱ぐことの頻度が最も多いのではないでしょうか。
そんな頻度の高い靴を履く、脱ぐという行為をベンチに座り落ち着いてできるようになります。
そのため、外出前に心にゆとりを持てるでしょう。
造作家具なので個人に合ったちょうど良い高さのベンチが作れます。
お年寄りの方がいる家にもおすすめです。

・組み換え可能

将来のことも考え、使い方や物に合わせて中の棚を組み替えられる事例です。
レールを埋め込むことでスライド式の棚を設置でき、棚受けを設けることで収納する物が変わっても棚板を設置するだけで調整できます。
ヘルメットやボールなど、今後子供に新しく何かを買ったときに合わせて棚を作れるので、子供のいる家におすすめかもしれません。

 

□まとめ

ここまで造作家具による下足入れの事例をご紹介してきました。
玄関収納で悩んでいる方は参考にしていただけたでしょうか?
当社ではお客様のご要望に合った造作家具を提供しています。
ぜひ一度お問い合わせください。
きっと満足いただける玄関に仕上げます!

Copyright © 株式会社ヒロ木工 All rights reserved