部屋の印象を良くするインテイリアの配置のコツとは! | 愛知県、稲沢市にある造作家具・建具製作「株式会社ヒロ木工」

お問合せ・ご相談はこちら

0567-97-3085

メールでお問い合わせ

 

新着情報News

部屋の印象を良くするインテイリアの配置のコツとは!

「部屋をオシャレにしたいけど、いい配置が分からない!」
「素敵なインテリアを買ったけど、どこに配置すればいいの?」
オシャレなインテリアにこだわるとオーダーメイドに行き着く方が多いです。
それに伴い、最近、オーダーメイドのインテリアが人気になりつつあります。
しかし、インテリアを作った後の配置を上手にできる人はあまりいません。
今回は、オーダーメイドのインテリアを考えている方向けに、配置のコツを紹介します。


□インテリア配置のポイント

インテリアをオシャレに配置するには、2つのポイントがあります。
1つ目は、動線です。
部屋の景観が良くても、使いづらい空間では意味がありません。
動線を意識した配置をすることで、移動がスムーズになります。
2つ目は、視線です。
視線を意識した配置をすることで、部屋が広く感じたり、オシャレになります。
動線と視線を意識した配置で、部屋が便利でオシャレにできます。


□動線を意識した配置

動線は人が移動する時にできるラインのことです。
動線が一本線で真っ直ぐなほど移動がスムーズにできます。
逆に、インテリアを適当に配置すると、動線が複雑になり、移動にストレスを感じます。
また、インテリアにぶつかることも多くなり、怪我のリスクが高まります。
スッキリした動線を作るには、不要なインテリアを置かない決断が重要です。
また、部屋の平面図にインテリアを書き込み、俯瞰的な動線のチェックも有効です。


□視線を意識した配置

部屋をオシャレにするには、インテリアの配置で視線がどう動くかを意識することが重要です。
例えば、インテリアを大量に配置し、どこを見れば良いか分からない状況だと、雑多な印象を与えます。
逆に、視線の先に窓があり、外の風景が見えると、部屋が広く感じ、落ち着いた印象を作れます。
部屋の広さに対して、インテリアの占有率は3割ほどが良いとされています。
また、広がりを作るには、インテリアをある程度まとめて配置することが有効です。
背の高い家具は、圧迫感があるので、目線以上に高いインテリアを導入しない決断も大事です。


□まとめ

今回は、オーダーメイドのインテリアを考えている方向けに、配置のコツを紹介しました。
インテリアの配置を考える時、重要なポイントは動線と視線を考えることです。
スッキリした動線と、視線の抜ける先があると、広くてオシャレな印象にできます。
オーダーメイドのインテリアを考える際に、配置のコツについて疑問点や相談がありましたら、お気軽に当社まで足を運んで下さい。

Copyright © 株式会社ヒロ木工 All rights reserved