憧れのオーダーメイドを実現するために!図面の作り方のコツとは? | 愛知県、稲沢市にある造作家具・建具製作「株式会社ヒロ木工」

お問合せ・ご相談はこちら

0567-97-3085

メールでお問い合わせ

 

新着情報News

憧れのオーダーメイドを実現するために!図面の作り方のコツとは?

「これから家具を買おうと思っているが、欲しいと思える家具がない。」
「もっと面白い家具はないのかな。」
このようなお悩みをお持ちの方は、いらっしゃいませんか?
このお悩みを解決してくれる家具は、オーダーメイドの家具です。
オーダーメイドの家具は、自分の思い通りに作ることができる家具です。
そこで、今回は、オーダーメイドの家具についてご紹介します。


□オーダーメイドの家具とは

オーダーメイドの家具は、完全に自分のオリジナリティの家具です。
細部のこだわりを色や素材を使って、表現することが可能です。
問題点というと、金額と納品までの期間の長さのみです。
長い目で見ると、オーダーメイドで作った家具の方が愛着がわき、長く使われる方が多いので金額の面では、そんなに大きな問題ではないかもしれません。
納品までの期間は、時間をかけて要望通りに作られるため、待つ価値があります。


□オーダーメイドの家具の図面の作り方

オーダーメイドの家具を作る際に、図面を自分で書いて用意します。
また、相談先の業者に作っていただくことも可能です。
ここでは、自分で家具の図面を書き方についてお話しします。

 

・全体図を書く

欲しいと思う家具の全体図のイメージを書きます。
イメージを書いた後に、大まかな寸法を書いておくと、今後の作業がスムーズに進みます。

 

・部品図を書く

部品図は、わからない場合は省いても構いません。
大まかに、大切な部分の形状と長さを書いておくと、他の部品の大きさも決まってきます。
そして、木目にこだわる際は、木目方向も書いておきます。

 

・図面用紙の説明を書く

図面の説明は、主に「名前」「メールアドレス」「家具の素材」を書きます。
また、日付や図面枚数を書いておくと、より図面としてしっかりとした物が完成します。

 

□図面の注意点

図面の注意点は、ネットの例のように全て丸写ししないことです。
家具の図面のプロに書いていただいた方が、より正確な図面が完成しますが、ご自身で図面を書く際は、大まかなイメージで大丈夫です。
参考程度に作られることをオススメします。

 

□まとめ

今回は、オーダーメイドで作る家具の図面の書き方を簡単にご説明しました。
しかし、図面を書くことは非常に難しいです。
当社では図面を用意する必要がございません。
イメージを細かくお伝えしていただきながら、図面を作っていきます。
家具の図面を作る際は、プロにお任せすることをオススメします。
これからオーダーメイドの家具を考えておられる方がこの記事を参考にしていただけると幸いです。

Copyright © 株式会社ヒロ木工 All rights reserved